タイ・チェンマイでコーヒー 好き&インスタ好きが訪れるべきカフェ「GATEWAY COFFEE ROASTER」

夏の暑さは35度を軽く上回るタイの北部の都市チェンマイ(Chiang Mai)。

タイと首都バンコクについで2番目に大きな年と言われていますが、バンコクとは比べ物にならないほど、まだまだレトロな雰囲気と、タイらしさを残した街です。バンコクよりは、数倍も『タイを満喫できる』こと間違いなしです。

そんなチェンマイはバンコクより北部で標高が高いんですが、それでもかなり暑くなります。

僕が直近で行った7月で、最高気温37度でした。昼過ぎの直射日光は、さすが堪え難い暑さでしたね。日中の暑いときは、特にタイ人は外に出ないって知ってましたか?下手したら、仕事もしないでダラダラしていることも(笑)

そんな暑い時こそ、タイでは「マッサージ」と行きたいところですが、連日マッサージに行くと揉み返しになっちゃうことも。(揉み返しとは、筋肉が痛めたれてしまった状態のことを指します。)

そこでマッサージ以外の選択肢だったら、「美味しいコーヒー 」はいかがですか?しかも、インスタ映えするお洒落なコーヒー だったら、なおさら行きたくなりますよね♪

そんな美味しくて、インスタ映えするお洒落なカフェを紹介します。

皆さんも、タイ旅行した際に訪れてみてくださいね。

チェンマイのランドマーク「ターペー門」の近所のカフェ

チェンマイとは、タイで2番目に大きな都市で、タイ北部にあります。

昔、ラーンナータイ王国が設立されたとしても有名な街です。規模自体はそんなに大きくないですが、現在では観光客が多く訪れておりホテルやレストラン、飲食店などいつもインターナショナルな雰囲気に包まれています。

チェンマイの最大の特徴は、『お堀に囲まれている旧市街』があることです。

このお堀は、日本でもあるように外敵から守る役目があると思うのですが、いつの時代に建てられたかは、未だに不明のようです。

夜の帳を壁沿いに歩く友人

今回紹介するカフェは、そんなチェンマイの観光地から徒歩5〜10分にある雰囲気のあるカフェです。

ぜひ観光の休憩がてら利用してみてはいかがですか?

 

古都チェンマイらしい趣のある建物を再利用

トップ画像の通り、見た目はコンクリート打ちっぱなしなレトロというか古い雰囲気の建物です。

でも中に入ると、かなり温かみのある居心地の良い雰囲気でした。

居心地の良い店内の雰囲気

僕らの入店直後は、ほとんどお客さんがいなかったんですが、気づいたらあっという間に満席に!

コーヒー1杯100THB〜のこのカフェ。日本円でいうと、360円くらいです。タイの物価を考えたら、100THBって、瓶ビール大瓶1本と同じなので、価値観的には700円くらいなんですよねー。

決して安くないんですが、タイの人たちもどんどん来てます。おそらくバンコクからの観光客が多いと思いますが。

 

フレンドリーでコーヒー好きなスタッフさん

せっかくなのでタイ・チェンマイ産のコーヒー豆も買いました。

スタッフは英語も流暢なので、きちんと説明してくれて、とても助かりました。聞いたところ、このGATEWAYはオーストラリア・メルボルンのカフェと仲が良いようで、2週間ほどのスタッフ研修なども行われているとのことでした。

僕も以前メルボルンに行ったことがありますが、カフェやレストランが多くて、オーストラリアの中で『美食の街』とも呼ばれるくらいです。

 

インスタ映えしてかつ美味しいシグネチャーコーヒー

コーヒーの味はもちろん良かったのですが、驚いたのがシグネチャーコーヒーの完成度です。

HIBERNATE 145THB (Maple panacotta,Honey comp,Orange,Cafe latte)

LOST STAR 150THB(Espresso,Sugar cane,Lemon,Plum))

日本でも珍しいようなシグネチャーコーヒーに本当に驚きました。

これはバンコクからもお客さんがたくさん来て、みんな写真を撮るはずですよね。

ストリート沿いのバルコニーでは女の子たちが撮影大会

 

マッサージの後に休憩にも♪

実はこのカフェは、日本人にとても有名なマッサージが受けられる寺院の近所なんです。

バルコニーから見える寺院の中にマッサージ店があります。寺院は、「ワット マハーワン」という名前です。

表にマッサージの値段が書かれた看板があった気がします。なので、見つけやすいかも。

ただ、同じような寺院が並んでいるので、間違えないようにしましょう。

 

まとめ

チェンマイは、古い街並みが残っているので、バンコクとは異なる楽しみ方ができます。

早い話、タイらしいローカルレストランなどもあったり、少し郊外に行けば大自然の中の寺院などもあって見応え満載です。

それにチェンマイ産のコーヒー豆を、その土地で味わえるっていうのが特別な感じがしますよね。

ぜひタイの古都チェンマイに行った際にはGATEWAY COFFEE ROASTERへ行ってみてくださいね。

 

店舗情報

GATEWAY COFFEE ROASTER
休業日:特になし
営業時間:9:00-18:00
ホームページ:https://m.facebook.com/gatewaycoffeeroasters/

 

タイへはエアアジアが便利!

タイへの飛行機は色々ありますが、LCC(格安航空会社)の代表的なエアアジアも便利です。

安く行きたい場合は、エアアジアで間違いありません。

航空券を単独で予約する場合は、エアアジア公式ホームページで可能です。

もし、ツアーやホテルとのパッケージなどを探す場合は、DeNAトラベルなどを利用するといいでしょう。

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください