ボンタイン珈琲、上質なコーヒーに出逢える名古屋の老舗珈琲店【名古屋お店紹介#1】

みなさん、こんにちは。

コーヒーの香りで、いつもリラックスしているtoshiです。

今回は、名古屋のコーヒー豆情報第1弾にふさわしい、僕が通っている名古屋市の老舗珈琲店『ボンタイン珈琲』を紹介します。

ボンタイン珈琲は現在名古屋市内に4店舗展開しています。

本店は、錦の、「えっ!?ここ!」ってな場所にありますが、それがまた意外で歴史を感じます。

今回は、その4店舗の中でおそらく最もアクセスのいい、地下鉄「栄」駅にあるカッピングルーム サカエチカ店をご紹介します。

豆購入者へはフリードリンクサービス




本物のコーヒーを知りたかったらボンタインへ!

ここのコーヒーは本物のコーヒーです!

コーヒーに馴染みのない方には、ボンタインの価格が少し高く感じる方もいるかもしれませんが、それは”スペシャリティコーヒー”だからです。ただし、その味と香りは、間違いなく本物です!

特に、まだ「コーヒー飲み慣れていないなぁ〜」というあなたに飲んでいただきたいです!

はっきり言って、コンビニで買える100円コーヒーとはまったくの別物です!!

「高いから、そりゃそうだろ!」と言われそうですが、コーヒーとはどんなものかを知るためにも、ぜひボンタインに行って試飲して見てください!買わなくても、いくつかのその日のオススメを飲ませてくれますので。

間違いなく、あなたのコーヒーへの意識が一変します!!

 

スペシャリティコーヒーの豆にこだわるお店

ボンタインのコーヒー豆は、全てがスペシャリティコーヒーになります。

参考記事:スペシャリティコーヒーについて<準備中>

ボンタイン珈琲は創業昭和23年と歴史が長い珈琲商社です。

そして2000年から日本に先駆けてスペシャリティコーヒーへの取り組みをやっています。

彼らの信念「最高品質、本物のコーヒー」の通り、コーヒーの本当の味と香りを味わえるお店です。

僕は、スペシャリティコーヒーを初めて飲んだのは2013年の6月にオーストラリアでバリスタ選手権のイベントへボランティアとして参加した時の、テイスティングでした。

今でもその時の衝撃を覚えています。飲んだ品種はゲイシャ(Geisha)です。カッピングイベントで飲んだんですが、その味は、

『コーヒーではない、これは紅茶だっ!!』

それほど、flavor-ableで香りが芳醇で、今までに飲んだどんなコーヒーとも似ても似つかないコーヒーだったんです!

絶対にあなたの意識を変えてくれるコーヒーがここにはあります!

 

カッピングルームって何?

さて、さらにボンタインコーヒーを紹介する前に、”カッピングルーム”ってご存知ですか?

カタカナで書くと、ピンとこないかもしれませんね。

英語では、cupping roomと書きます。cupは、カップなどのマグカップのことを指しますね。

まだ少しピンとこないので、こう言い換えると分かりやすいと思います。

カッピングは、テイスティングです。

そのため、カッピングルームとは「カップで手軽に飲めるところ」から『コーヒーの試飲ができるところ』という意味があります。※必ずしも試飲サービスがあるわけではありません。もちろん小売専用です。

最近では、多くのロースターカフェ(焙煎を自分らで行うカフェ)で、よく耳にするのが、「カッピングセミナー」や「カッミング体験」などではないでしょうか?

これも同じようにコーヒーのテイスティングの方法を教えてくれます。

イベントやセミナーもやってます!

試飲のコーヒーでお出迎え

入るとすぐにスタッフの方が笑顔で挨拶してくれます!

そして、フレンチプレスで淹れてある試飲のコーヒーを渡してくれます。

少し狭いので、もしお客さんがたくさん居ると、初めての方は入るのに躊躇しそうですが、そういう時は表に置いてあるコーヒー豆を見ていれば、スタッフの方から声をかけてくれるので大丈夫です。

この日は、エチオピアのナンセボ(Nansebo)とケニアのカングヌ(Kangunu)を飲めました。

もちろんどちらもスペシャリティコーヒーです。

試飲のコーヒーは基本的には、フレンチプレスと呼ばれる金属フィルターでの抽出方法で淹れられています。

これは、金属フィルターで抽出することで、豆本来の味や香り、その特徴を最も味わえるからです。本物へのこだわりがここでも伺えますね。

コーヒー初心者に丁度いい!

小さいお店ですが、豆はもちろん、コーヒー器具も豊富に置いてあります。定番のドリップ用からフレンチプレス、エアロプレスなど色々な抽出方法の器具が手にとって見ることができます。

  

*写真では小さくて分かりにくいかもしれませんが、以下の商品などが置いてあります。

○抽出器具

○ケトル

そして、通り人たちから最も見やすいところに、焙煎したてのコーヒー豆を置いています。コーヒー豆には、それぞれ農園情報も掲示しています。

これがコーヒー豆の情報ですね。

コーヒー豆の情報が詰まった「コーヒー豆情報」の内容を知ろう!

2017年8月27日

壁には、世界地図が貼られ、その時々に仕入れた先の国に印がつけられているので、目で見てどこから来たかが分かりやすくなってます。

コーヒー豆の産地を世界地図で紹介!

 

もっと知りたい人へオススメ!

実は、サカエチカ店はカッピングルーム2号店なんです。

1号店は、名東区、藤が丘にあるカッピングルーム@ボンタイン極楽店です。

こちらの方がお店も広いし、イベントやセミナーも不定期で行なっているようですので、ゆっくりコーヒーについて知りたい人へは、こちらをオススメですね。

サカエチカ店はアクセス抜群ですが、その分、人通りが多いので・・・。

参考記事:カッピングルーム@ボンタイン極楽店へ行ってきた<準備中>

あなたも本物のコーヒーを知って、至福の瞬間を一緒に楽しみましょう。

香りの虜になること間違いなしです!

 

店舗情報

カフェボンタイン カッピングルームサカエチカ店
名古屋市中区栄3-4-6 サカエチカ
http://www.bontain.co.jp/
*営業時間・定休日・メニューは公式情報を確認してください!

 

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください