コーヒードリップバッグ、たった3分でおいしいコーヒーが飲めちゃう!忙しいあなたにオススメ!

みなさん、こんにちは。

コーヒーの香りで、いつもリラックスしているtoshiです。

もう気づけば10月なんですね。

2017年も残すところ、あと3ヶ月ですね。

これから年末に向けて、どんどん忙しくなってくる人も多いのではないですか?

そうなると、ゆっくりコーヒーを挽いて淹れる時間が無い!なんて嘆く時もあるかもしれませんね!

そんなあなたへオススメなのが、本格コーヒーを手軽に楽しめるコーヒードリップバッグです。

準備する手間が、ひと手間もふた手間も省けます!



超手軽なドリップバッグ

通常コーヒー豆を挽いて入れようと思うと次の道具が必要です。

・コーヒー豆を挽くミル

・ドリッパー

・ドリッパー用ペーパー

・ケトル

しかし、ドリップバッグだとケトルのみあれば、おいしいコーヒーがその場で淹れることができるのです!

ドリップバッグは、「ミル」、「ドリッパー」そして「ドリッパー用ペーパー」の役割を全て果たしてくれる優れものなんです!

そのため準備の時間も、驚くほど短縮されます!

ぜひ、忙しくてバタバタしている人にはオススメしたいです!

コーヒードリップバッグの淹れ方

淹れ方は、本当に簡単です。

まずはコーヒーバッグを袋から取り出し、写真のようにカップへ置きます。

この粉が入っている部分へお湯を淹れるだけ!

抽出が終われば、バッグは捨てましょう。

本当に簡単に淹れることができます。

簡単なのに本格的香り

『簡単だから、味が劣る』かと思うものですが、最近のコーヒードリップバッグは進化しています。

個包装されているのはもちろんですが、ガス充填包装しているものがほとんどです。

窒素ガスを充填させることで、コーヒー豆の酸化を最低限に抑えております。

そのため手軽なのに、なんともコーヒーの本来の香味を楽しむことができるのです!

自宅飲みじゃなくオフィスでも!

道具も要らないので、自宅だけではなく、オフィスでももちろん活躍しますね!

また旅行先でも、自分で淹れたおいしいコーヒーを朝から飲みたい人にも、このドリップバッグは、とってもオススメです!

ただし、ドリップコーヒーは少し値段が高くなってしまうのが悩ましいところですね。

もちろん安いものもありますが、安かろう悪かろうで、あんまり安いのはオススメしません。

もともとドリップバッグは、その構造上、どうしても「蒸らし」「ドリッパーでの抽出時間の調整」がしにくいです。

加えて安価なドリップバッグは、少ない豆の量で濃いコーヒーを淹れられるように細挽きにされている場合があります。

そのため、コーヒーのエグ味があるものが多くなってしまいます。

これでは本末転倒ですよね。

おいしいコーヒーを手軽に飲むためには、多少なりとも価格を犠牲にしましょう。

例えば、スターバックスのコーヒードリップバッグは1袋119円です。

缶コーヒーより安いですね!どちらにしろ僕なら、間違いなくコーヒーバッグを選びますが。

ドリップバッグのいいところ

  • 準備する時間が最短で済む
  • 道具はほぼ不要(お湯とカップとケトルのみ!)
  • オフィスでも自宅でも、場所を選ばない

ドリップバッグの惜しいところ

  • 利便性をとるため抽出をコントロールできない
  • 一杯あたりのコストが高くなる*それでも缶コーヒーより安い!

まとめ

コーヒードリップバッグは、ネット購入しやすいですので、ぜひ皆さんも試してみてはいかがですか?

1袋からというよりは、いくつかパッケージになったものが多いですけどね。

全国どこでもあるけど、オンラインでも購入可能なスターバックス

京都の有名な老舗珈琲店の小川珈琲さん。

東京で有名なスペシャリティコーヒー豆を取り扱う猿田彦珈琲のドリップバッグもオンラインで購入可能ですよ!

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください