コーヒーによる着色を予防し、歯を白く保つための3つの習慣!

みなさん、こんにちは。

コーヒーの香りで、いつもリラックスしているtoshiです。

毎日毎日、お仕事お疲れ様です。

朝晩関係なく、仕事が忙しければ忙しいほど、コーヒーが飲みたくなりますよね。

コーヒーを飲むと、朝のスタートもスッキリできるし、昼に気持ちを入れ替えてリフレッシュできますよね!

コーヒーには、間違いなくそんな効果があると思います!

でも、気づいたら『歯のまわりに”着色”がひどい!』なんてことになってませんか?

特に、一緒にタバコを吸う人なんて、とんでもないことになってるんじゃないですか?

僕も、同じ経験があります。僕も大概コーヒーを飲みまくってますから、歯の着色は避けきれません。

歯の着色って、いつの間にか付着しているから不思議ですよね。

僕も、この習慣を知るまでは、何度も歯医者へクリーニングに行っていました。

はじめに言っちゃいますが、歯医者さんへ行って、きちんとクリーニングしてもらうのが、最もベストな歯をきれいに保つ方法です!

僕は、今でも半年、もしくは1年に1度は少なくともクリーニングに行きます。意図は、予防健診に近いですけどね。

でも、クリーニングって高いんですよね。意外に日数も最低2日はかかるし・・・

でも、この習慣を続ければ、クリーニング代も安くなります。(歯医者へ行く頻度が少なくなるはず)

さて、着色で悩んでいるあなたへ、歯医者さんで聞いた、歯を白く保つための【3つの習慣】をシェアしますね。

とっても簡単なので、すぐに真似することができますよ!

これで、あなたの歯も、あなたのオリジナルの白い歯をきれいに保つことができます!

コーヒーの着色の原因は?

習慣を紹介する前に、歯の着色について簡単にお話ししますね。

コーヒーに限ったことではないですが、歯を着色させる飲み物って結構あるの知ってました?

例えば、ワイン、緑茶、ココアなどです。

そして、コーヒーの着色の原因ってなんだと思いますか?カフェインとかじゃないんですよ。

答えは・・・・ポリフェノールです!

よく良い評判ばかりで聞くポリフェノールですが、でもここでは違うんです!

実は、コーヒーの中のポリフェノールが、歯の表面で反応してしまって、着色を引き起こすんです!

その反応を少しでも、抑えるために、今回の3つの習慣を覚えましょう。

この習慣は、コーヒーに限らず他の飲み物や食べ物でも活用できるので、試してみてくださいね!

3つの習慣で歯を白く保つ

この3つの習慣全てに共通するのは、“歯の表面に付着したポリフェノールを反応しきる前に洗い流す”ことです!

さて、1つずつ見ていきましょう!

コーヒーの後に、ガムを噛む

唾液分泌促進で歯を綺麗に保つ!

ガムの種類が色々あるので、できればキシリトールガムなどの、歯の機能を助ける作用があるガムをオススメします!

ガムを噛むと、何が起こるかというと、ガムを噛むことで唾液の分泌を促進させるんです!

唾液には、歯の色素沈着を防ぐ力があるんです!

そのため、唾液の分泌を促すことは、歯の着色を防ぐことにつながります。

だから、コーヒー後のガムはオススメなんです!

コーヒーの後に、うがいをする

コーヒーの後はうがいをしましょう!

ガムの次にオススメなのが、コーヒーを飲んだ後のうがいです!

歯に付着してしまった、コーヒーの成分を洗い流すんです!

オススメ!
缶コーヒーの後は、マウスウォッシュなどの洗口剤でうがい!!

着色も、口臭も防げる強い味方!

僕も、たまに缶コーヒーを飲む機会があるんですが、缶コーヒーを飲んだ後は、洗口剤でうがいするといいと思います!

これは、着色ももちろんそうなんですが、缶コーヒーなどのインスタントコーヒーは口に残る匂いが最悪だと思いませんか?

あなたがそれに気づいていないのなら、注意すべきです。

特に接客の機会が多い方は注意すべきだと思います!

もしあなたがそうであれば、洗口剤は必須ですよ!!

そんなあなたにオススメの洗口剤は、これです!

この洗口剤は、マウスウォッシュによくある“刺激”が少ないので、刺激が苦手な人には特にオススメです。また刺激が少ないから、効果が低いと思っちゃうかもしれませんが、そんなことはありませんので心配なく。

コーヒーと水を交互に飲む

水でコーヒーを洗い流しましょう!

さて、この方法は、うがいに近い方法ですが、少し異なります。

何が違うかというと、コーヒーを飲むたびに、水を飲むことで、コーヒー成分の歯への付着を極力防ぐんです。

これも、水を飲むことで、少しだけ口の中のコーヒーの風味が損なわれてしまいますが、着色を防ぐ意味では効果的だと思います。

ここで僕がオススメしたいのが、水を飲みたい環境を作ることです。

例えば、お気に入りの水専用グラスを準備するとかね。

僕は、毎日水を1L以上は飲むようにしています。そのため、ボダムのおしゃれなグラスを、水専用にしています。

「これで水を飲む!」って、決めてると習慣になって、毎日飲むようになるんです。試してみてくださいね。

歯医者という力強い味方

今回紹介した3つの習慣は、あくまでもコーヒーによる着色を防ぐための習慣です。

そのため、すでに着色が気になるあなたは、ぜひこの機会に歯医者へクリーニングに行きましょう!

クリーニングした後から、今回の3つの習慣、ガム・うがい・水を飲むことを実践することをオススメします。

クリーニングで、一度あなたの歯をリセットすることで、新しい習慣を始めるいいきっかけにもなると思いますよ。

また、クリーニングに行った後は、この3つの習慣とともに一緒に変えて欲しいことがあります。

それは、歯磨き粉です!

現在、あなたが使っている歯磨き粉は、大丈夫ですか?

あなたが磨いていると思ったら、実は傷つけているかもしれませんよ。

この歯磨き粉の話も、こちらでしているので、ぜひきちんと着色を予防したい方はチェックしてくださいね!

コーヒー着色が気になるあなたに知って欲しい、着色を落とすオススメのホワイトニング歯磨き粉!

2017年10月29日

どの歯医者に行くか迷った時は、全国の歯医者さんを検索・予約できる便利な口コミサイトを、ぜひチェックしてくださいね!


まとめ

  1. コーヒーの後に、ガムを噛む
  2. コーヒーの後に、うがいをする
  3. コーヒーと水を交互に飲む

おいしいコーヒーを飲み続けるためにも、あなたの歯を綺麗に保つためにも、日頃から少しだけ気遣ってやれるといいですね。

全然、難しいことではないでしょ?

もっと効果的な方法もあると思うんですが、まずは何より習慣にして続けることが大事なんですよ!

ぜひ、簡単なこの3つの習慣を続けて見てくださいね!

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください