コーヒーの香りがしない!?香りを楽しむために知っておいたほうがいい「嗅覚疲労」とは?

コーヒーが大好きな人って、「1日中コーヒーのあの香りに包まれていたいなー」って思っている人って少なくないと思います。

だからと言って1日中コーヒーを飲むってことはできませんよね。

その代替案としては、コーヒーのアロマやお香、フレグランスなどがあります。

コーヒーの香りを楽しむために、アロマを使ってみるという裏技

2017年9月29日

でも、あまり香りをやり過ぎると「コーヒーの香りがしない!」って感じる時があるのご存知ですか?

例えば、カフェに行った時に、入店直後は珈琲を淹れるいい香りに気づいていたけど、ずっといるとだんだんその香りに気づかなくなっている(香りが薄くなっていく)ことってないですか?

これって実は、あなたの鼻が疲れてきちゃってるんです。

これを嗅覚疲労と言います。

今回は、そんな嗅覚疲労についてお話ししたいと思います。

*コーヒー豆の品質が悪かったり、保存状態が悪かったりして「コーヒーの香りがしない!」と思っているかたはこちらの記事を参考にしてくださいね。

コーヒー豆の正しい保存方法・場所と容器を知ろう!【保存版】

2017年8月30日

嗅覚は疲れやすい感覚

「嗅覚が疲れやすい」と言われてもピンとこないですよね。

冒頭で例に挙げたような状況のように、ある香りのする場所に一定以上の時間いると、その香りに慣れてくることってよくあると思います。分かりやすいところが、自分の部屋や家ですね。

もしあなたがアロマやお香で部屋に香りをつけていると、あなた以上に他の人は匂いに敏感に感じることでしょう。

これも嗅覚疲労なんですが、言い換えると香りに慣れる=においの順応(じゅんのう)”と言います。

一般的には、大人より子どもの方が匂いに敏感です。つまりは加齢とともに匂いに反応する機能が衰えていくんです。

そのため、もしあなたが「コーヒーの香りがしないなー」と思ったら、それはコーヒーの香りに慣れてしまっているのかもしれません。

 

疲れた嗅覚をリセットする方法

あまりにコーヒーの香りを嗅ぎ過ぎて、嗅覚が疲れた状態になってしまった場合は、次の方法でリセットしてあげましょう。

1.自分のにおいを嗅ぐ

「えっ、自分のにおいを嗅ぐの・・・」って抵抗ありそうですよね笑
第3者から見ると、少し不思議な光景に捉えられそうですが、実はこの方法はプロも使う立派なリセット方法なんですよ。

香道と言う、天然香木の香りを鑑賞する芸道があるのですが、そこで用いられる方法だそうです。

 

2.外の新鮮な空気を吸う

これは納得ですよね。外の新鮮な空気を入れることで酸素も一緒に取り込み嗅覚も脳も一緒にリフレッシュしましょう。

もちろん嗅覚は脳の一部ですから、脳をリフレッシュしてあげることも重要ですね。

 

3.シャワーを浴びる

シャワーを浴びることで、身体についた匂いも落ちます。

また水蒸気によって鼻腔についた匂い成分を飛ばすことができ、リフレッシュすることができます。

 

コーヒーを飲む以外にコーヒーの香りを楽しむには

このブログのタイトルにもなっていますが、コーヒーの香りは、至福の瞬間ですよね。
コーヒーを飲んで味わうのはもちろんですが、コーヒーの香りを嗅ぐだけでも幸せになれます。

ただ何杯もコーヒーを飲んだりするのは無理がありますよね。
そこで、コーヒーを飲む以外に楽しめるコーヒーの香りを紹介します。

 

【アロマ】

色々な香りがあるアロマですが、もちろんコーヒーの香りもあります。

これを機にアロマデビューしませんか?

【お香】

お香と言いましたが、線香ですね。
線香にもコーヒーの香りがあると知った時は驚きでしたが、いいアイデアですよね。

コーヒーが好きだった方へお仏壇にあげるのが目的だと思いますが、お部屋の香りとして使うのもありだと思います。

最近では、色々な香りの線香やキャンドルがありますからね。チェックすると面白いかもですね。

【香水】

最後はコーヒーのフレグランスですね。

コーヒーの香りを身にまとうって、どんな感じなんでしょうね。

興味がある方はぜひ!

でもつけ過ぎや、コーヒーを淹れる時は控えた方がいいかもですね。本来の香りを邪魔しない程度にしたいですね。

 

まとめ

嗅覚は意外にも疲れやすい器官なんですね。

コーヒーの香りを楽しむのもいいですが、コーヒー豆の品質やコーヒーの淹れ方に気を遣うのと同時に、自身の身体にも優しくしてあげましょうね。

 

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください