UMF高めのマヌカハニーで自然治癒力アップ!甘さが好きな人にはコーヒーと一緒に飲んでもGOOD♪

みなさん、こんにちは。

コーヒーの香りで、いつもリラックスしているtoshiです。

四季のある日本の気候は、夏はジメジメしていて、冬はカラッカラに乾燥していますよね。

そんな時に知人から『マヌカハニー』をオススメされました。

「あぁ!マヌカハニーかっ!」って僕は思ったんですが、皆さんはマヌカハニーって知ってますか?

マヌカハニーを摂取すると、人間が備えている自然治癒力を高めてくれるというニュージーランドのハチミツなんです。

そんなマヌカハニーについて、今回は紹介しますね。

ニュージーランドから来たマヌカハニー

マヌカハニーの生まれ故郷は、日本と真逆の南半球の国、ニュージーランドです。

ニュージーランドにのみ自生する木の花から採れた蜜からできたのがマヌカハニーです。

実は、ニュージーランドには「マオリ」という原住民がいます。少し黒めの肌をして、目がぱっちりで、見た感じは欧米人とは全く異なる人々です。実は、マヌカとは、マオリの人々の言葉であるマオリ語で「癒しの木」という意味らしいです。

昔からニュージーランドで生きてきたマオリの人々の言葉から、マヌカハニーが身体を癒してくれることが分かりますね。

 

マヌカハニーの効果とは?

マヌカハニーを摂取することでどんな効果があるかは、色々なことを言われています。

そもそもハチミツって、なんだか身体にいいイメージありますよね。そんなハチミツの中でも、特に「マヌカハニーが健康にいい!」と言われているのは、マヌカハニーの抗菌効果のためです。

その効果をもたらす物質が『食物メチルグリオキサール(MGO)』です。

<strong>食物メチルグリオキサール(MGO)とは?</strong>
  • メチルグリオキサール(MGO)こそがマヌカハニーの抗菌特性を殆ど独占的に担っている主要な成分
  • MGOが1kgあたり100mg以上含有されていないものは、マヌカハニーとしての効果が期待できない

そんなMGOを多く含むマヌカハニーの効果にはこんなものがあると言われています。

<マヌカハニーが有効といわれている疾患例>

・胃腸疾患
・虫歯、歯周病、歯肉炎、口内炎などの口腔疾患
・風邪
・糖尿病
・皮膚疾患・肌トラブル
・切り傷

なんだか色々な健康障害を解決してくれる頼もしい味方みたいに聞こえますよね。

でも、もちろんなんでもいいって訳ではないんですよ。

先ほども言いましたが、MGOが100以上のものでないとこのような効果が期待されないってことは覚えておきましょう。

 

▽▽▽お求めやすいマヌカハニーはこちら

 

マヌカハニーにも種類がある。UMFやMGOとは一体何か?

マヌカハニーの指標に使われているUMFやMGOとは何のことか知っておくと、購入する時に便利です。

というか、これらん指標が違うと、お値段も全く異なるので、知っておくべきだと思います。

MGOは、前述した通りマヌカハニーの主成分であるメチルグリオキサールから来た言葉です。

UMFは、「ユニーク マヌカ ファクター」の略で「マヌカハニーの独特な要素」を意味します。

UMFはマヌカハニーの抗菌成分濃度を計測したもので、ニュージーランド政府下の厳しい検査機関で合格したものしか与えられない基準です。

要は、これらの指標があれば、購入する際に間違えがないと言うことです。

マヌカハニーのニセモノに注意!

マヌカハニーは健康食品のように取り扱われているため、偽物もたくさん出回っています。
*ニセモノでもハチミツはハチミツですが、マヌカハニーの効果がないもののことです。

UMFやMGOの右側に表示されている数値が高いほどマヌカハニーの抗菌成分も高いとされています。

UMFの数値には、5+、20+、25+などがあり、数値が大きくなるほどマヌカハニーの細菌から体を守り健康を維持していく能力が高いとされています。

UMFとMGO、どちらも数値が大きくなるにつれて効果が高くなりますが、その分値段も高くなりますし、マヌカハニー独特の風味も強くなります。そのため、必ずしも数値の高いものが最適とは限りません。

▽▽▽とにかく効果を求めたい方にオススメなのはこちら

中には、「マヌカハニーの風味が強すぎて、苦手・・・」と言うかもいるようです。

僕自身は、癖のある匂いや味は苦手ではないので、何ともありませんけどね。

もし、みなさんが癖のある風味が苦手な場合は、数字の低いもので試してみることをオススメします。

▽▽▽まずは試してみたい人にオススメはこちら

 

マヌカハニーの食べ方

マヌカハニーは、一般的なハチミツと同じように楽しんでいただけます。

例えば・・・

  • スプーンでそのまま食べる
  • 白湯に溶かしてドリンクして飲む
  • 紅茶などの砂糖の代わりに入れる
  • ヨーグルトやアイスにトッピングして朝食のお供に
  • 健康志向の方には野菜スムージーのアクセントに

色々な摂り方で楽しむことができます。

保存方法も至って一般的なハチミツと同じです。冷蔵庫ではなく常温で保管しましょう。但し、低温での保管はハチミツの特性を損なう危険性があるため寒い地方の方は注意しましょう。

ちょっとポイント!

ハチミツは、金属スプーンですくうと化学反応を起こしてしまうらしく、マヌカハニーの抗菌効果にも影響があるなんて情報もあります。これは賛否両論あるのですが、せっかく高額なマヌカハニーを食べるんだったら雰囲気も整えたいですよね。

そこで欲しいのが、このハニー専用の木製スプーンです。

ぜひ道具も揃えて、マヌカハニーライフ楽しみませんか♪

 

 

マヌカハニーとコーヒー

普段のコーヒーライフで砂糖を入れた甘めのコーヒーが好きな方には、マヌカハニーを砂糖代わりにすることをオススメします。

但し、先述した通り、マヌカハニーは独特の香りを有するので、コーヒー本来の香りを楽しみたい時には避けた方がいいと思います。

僕は、そもそも砂糖やミルクをコーヒーには入れないので、あまりマヌカハニーとコーヒーを一緒にすることはありません。

その代わりと言ってはなんですが、ヨーグルトにマヌカハニーやアーモンドなどのナッツをトッピングして食べています。

これもオススメなのでぜひお試しください。

個人的には、ブルガリアヨーグルトなど一般的なものではなく、カスピ海ヨーグルトやギリシャヨーグルトと言った、少し粘り気のある濃厚なヨーグルトが相性がいいと思います。これは完全に個人の嗜好ですけどね。

 

まとめ

海外に行くと、「西洋医学」「東洋医学」と言った言葉を聞くことが多いんです。(僕の経験上ですが)

医療技術が進んだ日本では、体調が悪くなるとすぐに病院に行って、薬をもらって飲むのが当たり前ですが(これが西洋医学と呼ばれている)、マヌカハニーや漢方のように、自然由来のものを摂ることで人間本来が持つ力である自然治癒力を高めて体調を良くする方法もあるんです。

薬もとても便利ですが、選べる時代だからこそ、どちらか一方に偏るんではなく、自分のできる範囲でどちらも取り入れてみるといいんじゃないかなって思ってます。

その一つにマヌカハニーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

少々値段は張るかもしれませんが、薬代と比較したら、そんな大したことないですよ。

ぜひ、みなさんもいいもの食べて健康になりましょうね♪

 

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください