コーヒー消費量世界一のヨーロッパ!コーヒーでバスが走る!?アメリカ、アジアも。

みなさん、こんにちは。

コーヒーの香りで、いつもリラックスしているtoshiです。

皆さんは毎日飲んでいるコーヒー、後に残ってします「コーヒー豆の出し殻」はどうしていますか?

僕は、基本的には乾燥させて消臭剤として再利用しています。

そんなコーヒー豆を再利用する方法は、世界中で様々な研究や試験が行われているのはご存じでしょう。

最近、イギリスのベンチャーが、なんと使い終わったコーヒー豆から抽出されるオイルを再利用して、ロンドンバスを走らせることに成功したとのことです!いわゆるバイオ燃料にコーヒーが再利用できるということですね。

さすが、世界一のコーヒー消費量を誇るヨーロッパ!

コーヒーで走るロンドンバスなんて、さらに素敵ですね。



コーヒーオイルを再利用した燃料とは?

コーヒーを再利用したバイオ燃料を製造する事業に乗り出したのは、イギリスの新興企業「バイオビーン」です。

彼らのオフィシャルホームページのデザインが、分かりやすくて可愛いですね。

「コーヒーの出し殻からクリーンな燃料を。」のキャッチコピー。引用:バイオビーンHP

このバイオビーンは、コーヒーの出し殻を再利用した、暖炉用の薪の代替品も作っているようです。

しかも、木よりも長くよく燃えるとのことです。

さて、話がずれましたが、ロンドンバスを走らせるバイオ燃料とは、コーヒーの出し殻を集めて、専用の工場で乾燥させ、コーヒーオイルを抽出するそうです。

その抽出したオイルを、他の燃料とブレンドさせ、クリーンディーゼルに使用可能なバイオ燃料とするそうです。

今回のプロジェクトは、バイオビーンを世界的に有名なガス会社シェルが開発協力しています。

バイオビーンは、コーヒーの出し殻の特徴をこのように話しています。

「コーヒーの出し殻は発熱量が高く有益な合成物を含んでいて、理想的な原料油になる。そこからクリーンな燃料を製造できる」

どこで、同社はロンドンだけでも年間20万トンのコーヒー豆の出し殻が捨てられている事実に注目し、今回のプロジェクトに踏み出したとのことです。

今後、このプロジェクトは、ヨーロッパだけではなく、世界中に広まっていくと、バイオビーンの代表は力強く語っています。

コーヒー消費量の推移

世界で最もコーヒーを消費しているのは、現在はヨーロッパであるのは間違いありません。

ここ5年以内の統計を見てみましょう。

下の表は、全日本コーヒー協会が出している世界の消費量の推移です。元のデータは、国際コーヒー機関が出している統計を翻訳したものです。

世界のコーヒー消費量 引用:全日本コーヒー協会

世界のコーヒー消費量の推移 引用:国際コーヒー機関 *2016年は予測値

この表をもっと視覚的にわかりやすくしたグラフがあるので、そちらもご覧下さい。

世界のコーヒー消費量の推移 引用:国際コーヒー機関

この資料から分かることは、そうなんです!

アジア諸国のコーヒー消費量の増加率が飛び抜けて高いんです!

バイオビーンの代表者は、「次に狙うはアメリカだっ!」と言っていますが、個人的にはアジア諸国だと思います。

狙うはアジア?日本もいける!!

皆さんもご存知の通り、ここ数年の間でアジア諸国の成長具合は、凄まじいものがあります。

例えば、タイ、インド、インドネシア、そして中国。

これらの国は、以前は発展途上国でしたが、どんどん大きな資本の力が流れて新興国として、経済成長しています。

もちろん、僕らが住む日本も、コーヒーの消費量で行くと例外ではありません。

毎年増え続けるコーヒー消費量を見過ごすわけには行きません。何より、自動車大国の日本が、バイオ燃料の開発に力を入れれば、

その結果は素晴らしいものが生まれるはずです。ぜひ、コーヒー愛国の日本をはじめ、アジア諸国一丸となって取り組んでほしいですね。

他にも使えるコーヒー豆の再利用方法

実は、コーヒー豆の出し殻は、燃料のみではなく、他にも面白いプロジェクトが行われています。

例えば、オーストラリアでは、同じようにカフェやレストランから出し殻を集めて、その出し殻を利用して、マッシュルームの苗床を作っています。

コーヒーの出し殻を再利用したマッシュルーム生育キット 引用:Life Cykel

世界では、いろいろな取り組みをしているので、あなたも是非何か新しい再利用方法を生み出してはいかがですか?

まとめ

毎日楽しむコーヒーですが、後に残る出し殻の使い方を、改めて考えるいい機会になりそうですね。

今回紹介したニュースが、個人でできる規模ではありませんが、何かあなたにもできることがあるはずですよね。

彼らも、はじめは小さな1歩だったことでしょう。

とりあえずは、出し殻を再利用するために、家庭用の生ごみ処理機などを使用して、家庭菜園などに再活用するなどどうですか?

最近では、生ごみ処理機も簡単に手に入りますしね。

オススメの生ごみ処理機です。忘れていけないのが、自治体によっては生ごみ処理機の費用の助成金もあるとのこと。

是非、チェックしてみてくださいね!

できるところから、少しずつ。

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください