紅葉にコーヒーを持っていこう!アウトドアコーヒーにオススメの携帯用ボトル!

紅葉の季節がやってくるとちょっと外にでて気分転換したくなりますよね。

夏のうなだれるような暑さも嘘のように少し肌寒いくらいの秋の気候は、散策したり、山に自然を愛でに行ったりするには最適な季節です。

その中でも欠かせないのが「紅葉」ですよね。

紅葉狩りとも言ったりしますが、ゆっくりと木々が緑色から赤色や黄色に変わるのを見ながら季節が移っていくのを感じるいい機会だと思います。

今回は、そんな紅葉の情報とともに、紅葉でもコーヒーの香りを楽しみたい人への携帯用ボトル(水筒)をご紹介します。

紅葉などの森林の香りとコーヒーの香りの共演は、言葉にならない幸せを感じられますよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。

2018年全国の紅葉の見頃

皆さんもご存知だと思いますが、紅葉の葉が色づく時期に深く影響するのは気温です。

気温が低いと色づく時期が早くなり、気温が高いと色づく時期が遅くなります。

今年は、東日本を中心に10月、11月も気温が平年より高めのため紅葉の見頃が平年より遅くなりそうです。一方で、西日本は、10月11月ともに平年並みの気温になる見込みなので、紅葉の見頃も平年並みになりそうとのことです。

全国の紅葉の見頃時期をマップにしたのが下の画像です。

もうすでに北海道では紅葉が目前に迫っているのが分かりますね。

日本は縦に長い地形をしているので、仮に時期を逃しても、他の場所に行くことで紅葉を楽しめるのは日本の利点でしょう。

ぜひ、今のうちから紅葉の見頃はチェックしておきましょう!

アウトドアでコーヒーを飲む魅力

普段は自宅やカフェで楽しむコーヒーですが、紅葉みたいにたまにはアウトドアで楽しむのも、また格別です。

特に山や川などの自然に囲まれた場所では、「自然の香り」、例えば森の香り、土の香り、花の香りなど・・・アウトドアならではの雰囲気の中でコーヒーを楽しめるんです。

コーヒーも自然の産出物ですので、コーヒーの香りの表現の中にも、自然にまつわる表現がたくさん使われています。そのため、自然の香りとの相性はバッチリです。

ですから、ぜひ皆さんも紅葉を見に行くときに、コーヒーを淹れて持っていきましょう!

なかなか紅葉スポットで美味しいコーヒーを淹れてくれる所は少ないですからね。

それだったら、自宅で新鮮なコーヒーを淹れていけばいいんです♪そこで、携帯にオススメのコーヒーボトルをご紹介します。

オススメの携帯用コーヒーボトル(水筒)

コーヒーボトルで淹れたてのコーヒーを楽しもう♪でも・・・コーヒーボトルを選ぶ際は次の点に注意しましょう。

  • ニオイが水筒についてしまう
  • 酸化でコーヒーの味が変わってしまう

コーヒーの匂いが水筒についてしまうと、次に違うコーヒーを飲むときに邪魔してしまいます。

またコーヒーは水筒の中での温度変化によって酸化してしまいます。

今回は、これらの2つの注意点に強いコーヒーボトルを紹介します。

コーヒーの匂いがつきにくい水筒

水筒の内側にテフロン加工を施したり、金属以外の素材を使うことで、コーヒーの匂いをつきにくくしている水筒があります。

その中でもオススメなのが次の2つです。

商品名 容量 重量 メリット
カフア コーヒーボトル 420ml 約230g 内側テフロン加工
象印ステンレスマグ 360ml 約190g 分解洗いOK

◆カフア コーヒーボトル

「全てはコーヒーをおいしく飲むために」をキャッチフレーズに、本当にコーヒーを好きな人のために作られたのが、このカフア コーヒーボトルです。

最大の魅力は、水筒の内側に施されたテフロン加工です。これにより大敵だった「ニオイ」と「汚れ」に強いコーヒーボトルが誕生しました。しかも世界で初めてだから、すごい技術力ですよね。

また保温力にも定評があり、真空二重構造だから、出先でも淹れたて気分でコーヒーを飲むことができるんです。

洗練されたデザインに豊富なカラーバリエーションは、紅葉シーンのみならず、色々な場所へ持って行く楽しみが増えますよ!

◆象印ステンレスマグ

水筒の大手ブランド象印のステンレスマグです。「分解せん」で分解して洗える蓋の機構に、「ニオイ」や「汚れ」が付きにくいように施された水筒の内側のフッ素コートなど機能的な魅力が備わっています。またロックボタンを外して、いつもの1/4の回転で開閉できる機構も使って初めて分かる感動ポイントです!

大きさも360mlとほど良い大きさなので持ち運びも気になりません。

保温力が高い水筒

酸化はコーヒーの大敵です。コーヒーを水筒に入れる際に気になるのは、温度低下によるコーヒーの酸化です。

せっかく紅葉を見ながらコーヒーを楽しもうと思ったのに、酸化してまずかったら元も子もありませんからね。

そこで保温力に優れる以下の3つのコーヒーボトルを紹介します。

商品名 容量 重量 メリット
スタンレー ワンハンドマグ 350ml 335g 間違いない保温力
クリーンカンティーン ワイド インスレート ボトル 355ml 約200g 信頼できる保温性とアウトドアなデザイン

◆スタンレー ワンハンドマグ

保温力と保冷力に絶対の実績のある米国ブランドのSTANLEY(スタンレー) です。「確かなもの、本物は時代に関係なく愛用され続ける」というポリシーのもと、1913年創業の老舗サーマルウェアブランドです。

コーヒーの酸化の原因を作る温度低下に、これで立ち向かいましょう!

また飲む際は、ボタンを押している間だけ開く蓋の構造になっているので、蓋の閉め忘れの心配はする必要がありません。

 

◆クリーンカンティーン ワイド インスレート ボトル

アウトドアでもオフィスでも、どこにでも似合うオシャレなデザインも魅力的なクリーンカンティーン ワイドインスレート ステンレスボトルです。

もちろんデザインのみならず、真空二重構造により高い保温性も持ち備えています。

 

愛知近辺で有名な紅葉スポット

さて、紅葉に持って行くコーヒーボトルも決まったところで、どこに行くかが大事ですよね!

全国各地の紅葉情報を発信するウォーカープラスさんで皆さんの地元もしくは旅行先の紅葉の名所情報をゲットしましょう!

僕のこのブログでは、せっかくなので名古屋から行ける愛知の紅葉スポットを抜粋してご紹介しますね。

☆香嵐渓(豊田市)☆

引用先:足助観光協会

ここは絶対行って欲しい「絶対後悔しない紅葉スポット」です。何がいいかと言うと、川沿いを綺麗飾る紅葉の景色が本当に絶品です。日没頃から行われるライトアップも必見です。

見頃は11月中旬から11月下旬と気温も下がり、温かいコーヒーをゆっくり飲みながら紅葉を愛でましょう。
ちなみに香嵐渓までの道のりは、ほぼ1本道なので週末などは渋滞必至です。

できることなら平日に早めに仕事を終わって行くことをオススメします♪

ちなみに敷地内の屋敷ではお酒や温かい食べ物も楽しむことができます。その中でも行列間違いないのが紅葉シーズン限定の本場中国からわざわざくる中国菜館の『刀削麺』です。ピリ辛のスープと食べ応えのある麺が、肌寒い紅葉シーズンにドンピシャです。もちろん小龍包などもありますよ♪

営業時間:香嵐渓園内は24時間OK
*もみじ祭りは朝9時から夜9時まで。夜間ライトアップはあるけど何時までかは足助観光協会へお問い合わせください。

 

☆岩屋堂公園(瀬戸市)☆

引用先:4トラベル

こちらも香嵐渓と同じく川沿いに広がる紅葉を楽しめるスポットです。

こちらは行ったことがないんですが、晴天時は名古屋駅周辺を見渡せるほどの眺望が有名なところです。

紅葉の見所は11月中旬、11月10日から11月18日の間はライトアップもされるようです。

香嵐渓よりも名古屋から近いので、気軽にふらっと行けそうですね!

☆茶臼山(北設楽郡)☆

茶臼山は、愛知でも有名な自然観光スポットです。

紅葉はもちろん、星空も綺麗に見えることで有名です。僕もふらっと星が見たくなり行ったことがあります。

寒い時は、やっぱりホットコーヒーをお供にすると、普段の喧騒から逃れることができ、頭もカラダもリフレッシュすることができます。

先の2箇所とは異なり山全体の紅葉を楽しめるため、夜ではなく昼間にピクニック気分で行くのもいいと思います。

ちょっと大きめのコーヒーボトルで多めにコーヒーを持って行くといいかもしれませんね♪

 

まとめ

さて、日本は四季に伴い違った顔を見せる自然に囲まれた、本当に意味で豊かな国です。

コーヒーも同じように自然から与えられた神秘的な飲み物ですよね。産地や精製行程、焙煎の方法などが変わるだけで、コーヒーの風味がガラッ!と変わってしまいます。

これも自然から授かった素晴らしい魅力ですよね。

そんな自然の中で、美味しいコーヒーを楽しめるのも至福の瞬間です。

ぜひ、皆さんもコーヒーボトルを携えて、自宅を飛び出し自然の魅力をコーヒーとともの楽しんでくださいね!

最後に今回紹介したコーヒーボトルの一覧を載せておきますね♪

商品名 容量 重量 メリット
カフア コーヒーボトル 420ml 約230g 内側テフロン加工
象印ステンレスマグ 360ml 約190g 分解洗いOK
スタンレー ワンハンドマグ 350ml 335g 間違いない保温力
クリーンカンティーン
ワイド インスレート ボトル
355ml 約200g 信頼できる保温性とアウトドアなデザイン

 

全国の紅葉情報が知りたい方は、こちらからどうぞ!

 

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください