コーヒーミルの使い方を紹介します!あなたもこれでコーヒーが好きになる!

みなさん、こんにちは。

コーヒーの香りで、いつもリラックスしているtoshiです。

休日の朝ごはんです。

今回は、僕が長年愛用しているコーヒーミルについて紹介します。

コーヒーミルは、コーヒーの香りを楽しむには、ぜーーーーーったい、欠かせない道具です!

良いもの悪いものあるとは思いますが、どちらにしてもコーヒーミルは、コーヒー豆の香りを引き出す、間違いなく絶対一番の道具だと信じています!と言うか、実際にコーヒーを淹れるときに、このプロセスが一番好きです。

参考記事:「ミル」をなくしてコーヒーの香りは語れないっ!!




準備するもの!

準備するものは、いたってシンプルです。まずは、下の写真の3つですね。

1.コーヒー豆(もちろん豆のまま)

2.メジャーカップ

3.コーヒミル

 

 

これに好きな淹れ方の器具を使いましょう。今回は、僕が普段使っているフレンチプレスを用意しました。

コーヒーミルの使い方

1.メジャーカップで計った豆をドームに入れる

2.ゴリゴリとハンドルを回して、挽く

3.下の箱に挽かれた豆が登場!

コーヒーの淹れ方(フレンチプレスの場合)

1.フレンチプレスとお湯を準備する

2.フレンチプレスに豆投入

 

3.お湯を注ぐ

4.4分待つ

5.フィルターを落とす

6.完了!

ここがポイント!

3の過程で、お湯を注ぐ時に、半分まで注いだ状態で、30秒待ちます。

すると、お湯が豆全体に浸透するので、より味が抽出されます。

手動のコーヒーミルの好きなところ!

手動のコーヒーミルは、自分で挽かなければいけないので、そのぶんの時間と手間があります。

ただし、続ければ習慣になりますので、全然問題ないです。

僕は、ハンドルを回す感覚、そして豆が挽かれているときに放たれる香りを楽しんでいるので、正直辞められません。。。

また僕が日頃使っているミルは、カリタのドームミルです。これは、豆を入れる部分に”ドーム”のように屋根があり、中にホコリが入るのを防いでくれたり、豆の粉砕する時に飛び散るのを防いでくれるためオススメです。※豆の粗さの調節が、若干面倒ですし、挽いた豆の粗さは経年劣化で均等でなくなってくる点は注意ください。

今日は簡単にですが、僕の習慣になっている朝のコーヒーについて書きました!

ついでに休みだったので、簡単な朝食も用意しました!フレンチプレスの場合は、待つ時間があるので、その間にチャチャッと他のことができるのも忘れてはいけないメリットですね!

さぁ、皆さんも一緒に至福の瞬間を手軽に楽しみましょう♩

今回紹介したフレンチプレスやその他の器具は、こちらです。

(名前)
(定型文)
 

ちなみに僕のはニュージーランドで激安売りしてたので50%OFFで買えました!

1000円くらいだった気がする(笑)どこに住んでても、この習慣は変わりません!

いつか、他の国で生活してた時のブレイクファスト風景もシェアしますね。

 

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください