ゴルピーコーヒーのブラジルを淹れてみたら、さっぱり爽やかな香りだった!

みなさん、こんにちは。

コーヒーの香りで、いつもリラックスしているtoshiです。

最近は朝夕が、だいぶ涼しくなってきた名古屋です。夜も寝やすくなってきたので、ついつい二度寝してしまいそうでした。

今日は、朝から先日行ったゴルピーコーヒーさんのブラジルを淹れました!

ゴルピーコーヒーは、焙煎のスペシャリストの日本一!【名古屋お店紹介#2】

2017年9月1日

買ったときは気づいてなかったんですが、なんとこの豆は、ゴルピーコーヒーさんが単独で落札した特別なコーヒー豆だったんですね!僕も、例に漏れず『限定』などのキーワードには弱いんです笑

プロフィールには”トフィー(Toffee)”の言葉が。

ゴルピーコーヒーさんのコーヒー豆にも、以前紹介したコーヒー豆のプロフィールがついてきます。今回のカラコールのプロフィールはこのようになっています。

注目したいのは”トフィー(Toffee)”ですね!今回、僕がこの豆を買った理由でもある、「カラメルのような甘さ」を言い表した言葉です。

トフィーとは、バターと共に砂糖を加熱して作る菓子のことである。 引用:wikipedia トフィー

カラメルを知らない方はいないと思いますが、作り方知らない方がもしかしたらいるかもしれませんね。カラメルも、砂糖をわざと焦がして作ったものなんです。そのため、砂糖の”甘さ”と焦げた”苦味”のバランスが美味しく感じるんですね。

このカラコールもまさしくその通りでした。




第一印象は、口当たりが「爽やか」「スッキリ」!

さて、カラメルの甘さが飲んですぐ口に広がるのかと言われたら、僕はそう感じませんでした。と言うのも、飲み始めの感じは、すごくスッキリした味わいと香りでした。

一般的なコーヒーの香りというよりは、どこか紅茶にあるような爽やかさでした。スッキリしすぎて、何杯でも飲めんるんじゃないかと思いましたが、後からシッカリと味わいのあるコーヒー感がありました。

あとから来る甘みが魅力的!

飲み始めは、強く感じなかった「カラメルのような甘さ」が、中間くらいでしっかり伝わってきました!

最近は、フルーティなコーヒー豆を飲む機会が多かったので、この感覚は新鮮でした。

その少し苦味があって、甘さも含む風味は、飲んだ後もしばらく口いっぱいに広がってきました。

風味がしっかりするコーヒーは飲んだ後も幸せ

カラコールは、スタッフの方が勧めてくれた通り、「カラメルのような甘さ」が特徴的で、口当たりがとてもよかったです。

もしかしたら、その口当たりの良さが、逆に飲み始めにコーヒーらしさを感じさせなかったのかもしれません。

ただ、その後から来る甘さの風味は、いつまでも口に広がっているので、飲んだ後も幸せな気分になること間違いなしです!

まとめ

カラコールは、

・口当たりがとってもよい

・スッキリしているだけでなく、しっかりした「カラメルのような甘さ」の味わいと香りがある

・飲んだ後も口に広がる風味は、あなたを幸せにすること間違いなし!

皆さんも、ぜひ試してくださいね!

ちなみに、このブラジル カラコールは、ゴルピーコーヒーさんから通販で買えるらしいですっ!

 

名古屋の方は、ぜひお店まで行って買うことをオススメします。素敵なスタッフの方が丁寧に説明してくれますよ。

GOLPIE COFFEE

名古屋市昭和区駒方町2-4-2
http://golpiecoffee.jp

 

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください