2つのコーヒー、個性的な味を楽しめる「ストレート」とお店の味が知れる「ブレンド」

みなさん、こんにちは。

コーヒーの香りで、いつもリラックスしているtoshiです。

喫茶店やカフェに行ってコーヒーを注文しようとした時、よく「ストレート」と「ブレンド」の2つの選択肢がありますよね。

どんな風に違うか、お店の人に聞いたことはありますか?いろいろな話が聞けて面白いと思いますよ。




コーヒー豆の名前=産地名

「ケニア」「エチオピア」「ブラジル」など、コーヒー豆の名前は産地名から来ることが多いです。

たまに「ゲイシャ」のように種に名前が前面に来ることもありますが。

そのため、ストレートのコーヒー豆の場合は、地域別の味や香りを知る良い機会になります。

ただし、「モカ」は、産地名ではなく輸出する港町の名前に由来したり例外もいくつか存在します。

個性的なストレート

ストレートは、同一産地のコーヒー豆のみを焙煎されたものですので、産地ごとの特徴や個性を楽しむことができます。

コーヒー豆の味の違いを、しっかり知りたかったら、このストレートを飲み比べるといいでしょう。

楽しみのあるブレンド

ブレンドは、ストレートの豆を複数種類使い、ストレートでは出せない味や香りを出すことができます。

もちろん闇雲に混ぜているわけではなく、きちんと割合を決めて混ぜて焙煎しています。

ブレンドするメリットは?

好みの風味や新しい風味を生み出せる

ブレンドの大きな魅力は、なんと言っても「無限に広がる味わいの可能性」です。

ストレートの豆が持つ様々な持ち味を活かしながら、ストレートでは味わうことのできない新しい風味、好みにあった「おいしい」コーヒーを作り出せます。

品質や価格維持できる

コーヒー豆も農作物の1つである以上、気候や収穫状況によって、価格の変動が起こります。

ストレートの豆は、単一の地域から来るために、その地域の状況に大きな影響を受ける場合があります。

しかし、ブレンドの場合は、その様な状況でも柔和に対応ができます。

そのため、ブレンドの豆は、バランスのとれた味わいと品質を維持し、価格を安定させる役割を持っています。

お店の味を知りたかったら、まずはブレンドを飲むべし!

ブレンドコーヒーは、先ほど説明した様に、好みの味、新しい味を作り出すことができます。

そのため、お店によってオリジナルブレンドがあることが多く、その飲み比べをすることで、そのお店の味の基準やこだわりが伝わってくるはずです。

ストレートで、コーヒー豆自身の味や個性を楽しむこともいいですし、ブレンドで、お店自身の味や個性を楽しむことも面白いと思います。

ぜひ、色々な豆を飲み比べてみてくださいね。

<スポンサーリンク>









コーヒーの香りを、あの人にも届けませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください